SSブログ

スマホ画像のプリンター新登場! 便利な使い方は!? [話題]

ロルト_1.jpg

僕もそうなんだけど、いまあらゆる情報って、PCかスマホの中だよね。
管理するソフトも充実していて、検索や取り出すのもすっごく便利になってます。

でもね、やっぱりアナログにかなわないかも…と思うときもあるわけで。
プリントアウトされた紙が活躍することってけっこうあるよ。

ずいぶん前なんだけどさ、名刺管理ソフトというのを使ってみたことがあるのね。
よくメールの署名に名前とメアドと電話番号しかなくて、
住所を書いてない人っているじゃん。

その人に請求書とか郵便を送らなきゃいけないときに名刺を探しまくるわけよ。
だからPCで管理しようと思ったんだけど、スキャンするやつじゃなくて、
いちいち打ち込むやつだったので、ものすごーく大変だった。
というか、途中で断念しちゃいました。だって、面倒すぎるんだもん。

そのとき思ったのが、ローロデックスのほうがいーじゃんってこと。
ローロデックスって、コレね。

ローロデックス.jpg

大昔からあるアナログの代表選手みたいなもので、
コロコロって回すと名刺が登場!
いまも使ってるけど、便利です。
コレは400枚までしかストックできないタイプだけど、
僕そんなに知り合いいないから充分なんだよね。

ということで、アナログとか紙は、いまも現役活躍中なのです。

本題に戻るね。
スマホの画面が簡単にプリントアウトできるプリンターが新登場しました。
文具・事務用品のキングジムがつくった「ロルト」は、
iPhoneとほぼ同じサイズで簡単にプリントアウトできちゃいます。
発売は、あさって8月1日から。

ロルト_2.jpg

大きさは、幅7.5×奥行き8.4×高さ4.9cmの手の平サイズ。重さは約150g。
別売の専用ロール紙が必要になるけど、いろんなとこで売り出す予定だって。

使い方としては、無料のiPhoneアプリ「Rolto」をダウンロード。
iPhoneとロルトを無線LANで接続し、
アプリ上でプリントアウトしたいページを表示してボタンをポンと押すだけ。

画面の明るさを調整したり、画像のトリミング、簡単な手書き機能もある。

対応OSはiOS、iPhone4、4s、5、5c、5s、iPod touch(第5世代)で使えます。

便利な使い方としては、
iPhoneでCOOKPADとかのレシピを見ながら料理するときなど。
料理しながらスクロールできないときあるから、
あらかじめプリントアウトしておけばサクサクつくれるよね。

あとはiPhoneで調べたデータをレポートに貼り付けたり、
メールで届いた仕事の段取りやスケジュールをプリントアウトしておけば、
いちいちiPhoneで確認しなくてもいい。

飲食店のクーポンとか乗り換え案内、目的地の地図など、
手元にあると便利な情報のストックに最適かも。

そうそう、専用ロール紙はラベルタイプなので、
裏紙をはがせば、ノートなどにペタッと貼れます。

ロルト_3.jpg

モノクロ印刷しかできないのがナンだけど、いろいろな場面で役に立ちそう。
メーカー価格は16,500円(税別)だけど、amazonではもう少し安く売ってます。

 

nice!(115)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 115

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。